山根法律事務所 > 相続 > 法廷相続人と法廷相続分とは

法廷相続人と法廷相続分とは

■法定相続人とは
相続人とは、相続によって亡くなった方(被相続人)の財産等を承継する人のことをいいます。被相続人が遺言書を作成していなかった場合には、民法にしたがって相続人が決定することとなります。このようにして決定する相続人のことを、法定相続人といいます。

 

法定相続人の決定方法は、以下の通りです。

 

まず、被相続人の配偶者は、必ず法定相続人となります(民法890条)。そして、配偶者の有無にかかわらず、①被相続人の子、②被相続人の直系尊属、③被相続人の兄弟姉妹、の順位に並べた時に最上位となる人が、法定相続人となります(889条1項)。

 

つまり、被相続人に子がいる場合、直系尊属や兄弟姉妹が法定相続人となることはありませんし、直系尊属がいる場合に兄弟姉妹が法定相続人となることもありません。例えば、被相続人に配偶者と母親がおり、子はいないという場合、配偶者と母親が共同相続人となります。

 

■法定相続分とは
法定相続分とは、法定相続人に与えられた取り分をいいます。各法定相続人は、被相続人の遺した相続財産を、法定相続分にしたがって分け合うこととなります。

 

共同相続人の組み合わせとしては①配偶者+子、②配偶者+直系尊属、③配偶者+兄弟姉妹の3パターンがありますが、①の場合には配偶者と子に2分の1ずつ、②の場合には配偶者に3分の2、直系尊属に3分の1、③の場合には配偶者に4分の3、兄弟姉妹に4分の1の法定相続分が認められます。

 

なお、子、直系尊属、兄弟姉妹が複数人いる場合も考えられますが、その場合、その人数で相続分を等分することとなります。

 

例えば、配偶者と2人の子が法定相続人となる場合、配偶者が2分の1、子がそれぞれ4分の1ずつの相続分を得ます。

 

山根法律事務所は、お客様のお悩みに寄り添い、親身にアドバイスさせていただくと共に、問題の根本解決を目指して尽力いたします。
相続のお悩みをはじめとして、離婚や交通事故など家事事件、民事事件、法人の法律トラブル全般の解決に自信と実績があります。
山根法律事務所は名古屋市中区丸の内を中心に、清須市、豊山町、尾張旭市、豊明市、大府市、東海市などにお住まいの方に広くお応えする、地域密着型の法律事務所であり、事前のご予約で休日・時間外もご対応可能です。
相続トラブルでお悩みの方は、山根法律事務所までお気軽にご相談ください。

Basic knowledge当事務所が提供する基礎知識

Keywordよく検索されるキーワード

Lawyer弁護士紹介

山根尚浩弁護士の写真

相続、遺言、離婚をはじめ個人のご依頼はもちろん、事業承継や会社の債権回収等、法人のご依頼も承っております。お気軽にご相談ください。

  • 代表者
    山根 尚浩 (やまね なおひろ)
  • 所属団体
    • 愛知県弁護士会
  • 経歴
    • 平成 3年 弁護士登録
    • 平成11年 事務所開設

Office事務所概要

名称 山根法律事務所
代表者 山根 尚浩 (やまね なおひろ)
所在地 〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内3-13-26 加藤ビル2階
電話番号 052-220-7168
営業時間 平日 9:00~17:30(事前予約で時間外も対応可能です)
定休日 土・日・祝(土曜日は事前予約で対応可能です)